難しいけど楽しい?自分を出すということ

こんにちは、中二心を忘れない占う漫画描き・霜月です。

そろそろこの肩書を予測変換が覚えてくれました。ち、の一文字で予測変換が出てくるレベルです(笑)

最近私に自分を出すようにと言ってくださる方が多くてありがたい限りなのですが自分を出すってどういうこと何だろうと思ったのでちょっと書いてみることにしました。


案外自分って出せていないことが多い。

言われてみて自分って出しているようで出していないんだろうと思うことがあります。

『本当はこうなんだけどな…』『こう思ってるんだけど今は抑えておこう』

『言ってもどうせ聞いてなんてもらえないだろうな…』『言いたいことは違うんだけど黙っておいた方が場が収まるかな』などなど…


時と場合によってさまざまな理由で抑えてしまうものがあるかと思います。

周りのこと、自分のこと…思ううちにだんだん自分の言葉を出せなくなってしまってしまうんですよね。

かくいう私も現在進行形で悩むところでもあります。

むしろ悩まない人っているのかな?というくらいにドツボにはまることも多々あります。


自分を出すって勇気がいること。だけど必要で素敵なこと。

自分を出すって難しいですよね。

そもそも自分を出すって何やねん!!! ということもありますよね…

自分って何だろうってところまで行ってしまうことだってあるかと思います。

でも自分を自分が知るためのいい機会にもなると思うんです、この疑問。

一緒に自分を探してみませんか?


自分を見つけないと自分は出せない。だから。

前述のとおり自分を出すどころか自分って何やねん!!! とまぁ、私がそこに至ってしまうのでそこからお話しますが、私は自分を見つけるためにノートを使うことにしました。

いろんなところでお話されていますが、やはり描く力って凄いなと思います。

自分の棚卸。


私はメモが多いマンスリータイプの手帳を使っています。

手帳とは別に日付が自分で描き込めるタイプのノートです。

書いているのは以下の通り。


マンスリー:その日に合った嬉しかったこと

メモ:やりたいこと・叶えたい夢

メモページは叶ったら色を塗るなりチェックを入れられるように項目の前にマークを付けておきます。


よく見かけるものですがこれを続けていくことで自分が何がしたい人なのか、どんなことが嬉しい人なのかが分かるようになってきました。

嫌なことや辛かったことはこのノートではなく別の紙に書いて『自分は何に傷つくのか』『何が辛くなるのか』を考えてからその紙を手放すようにしています。

嫌なこと、辛いことを手放せない人間なので同じノートに描いてしまうと自分を認めるためのノート、自分の好きな内容ですら無意識のうちに否定し始めてしまうので…

自分を否定しがちな人、嫌なことを忘れられない方にはこっちの方があうかもしれません。


ここを見ているあなたがもしも同じようなタイプで自分を出すってことに悩んでおられましたら、試してみてくださいね!

そうして見つけたあなたが輝けるようにお役に立てそうでしたら霜月の占いの方もお役に立たせていただければ幸いです。


ここまで読んでいただいてありがとうございます。

感謝と敬意を込めて…

結遠月鉱堂

中二心を忘れない『占う漫画描き』のブログです。 自作のイーチンタロットを使った占いや結果・願いに応じたストーンアクセサリー作り、イラストや漫画を主な活動としています。 こちらでは石をキャラクターにした漫画や占い、日々を描きながら読んでくださる方の心が少しだけ楽になればと言葉を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000