色々進展したので話したいのだけどまずはファーストガンダムを観た話。


お久しぶりです。




結局こちらに戻ってきました。




相変わらずな感じにはなると思いますが、お付き合い頂けると幸いです。




まずはファーストガンダムを観たって話から。




予備知識は多少あるけど多少しかない、しかも最近見たくてもアニメ見れてない(あと自分のマンガばかり描いてる)自称ヲタクの感じたことを見終わってドキドキした状態で徒然なるままに迷走上等!で書き記しました。




お好きな方にはツッコミどころしかない記事かとは思いますが、勇気のある方は生ぬるく見守ってやってください。




上司に借りたファーストガンダム。





TVでORIGINが始まるときに借りてはいたのですが全然見る時間が取れなくて(見越してたから借りるのは…と思ってたけど貸してくれたからそのまま借りた)見れてなかったものを落ち着いたのでようやく見ました。




今回借りたのは劇場版の特別編3本。




私のガンダム歴はW→種→種D→孤児→UC だったと思います…因みにWは友人が布教に貸してくれました。お礼に.hack//SIGNを布教したのはいい思い出です。




リアルタイムで観た種もキャラデザが『無限のリヴァイアス』の平井さんだったからと言う単純すぎる理由からでした……




そんな奴がORIGIN見るならファーストガンダムの劇場版はまず観てからにしろ!と上司命令を受けて見てみました。




正直、アムロの成長にグッときました。





こう…ネタにされてたり『懐かしのアニメ』みたいなやつでしか観たことがなかったのですが一通り劇場版とはいえ3作ぶっ通しで観てたら「アムロ…成長したな……」とどこ目線?みたいな見方してました。




無鉄砲さがちゃんと考えるようになってる…とか優しさと甘えが別になった…(?)とかなんかそういう、本当どこ目線だみたいな、何て言ったらいいのかよくわからないけれど人間の成長をみた気がします。




シャアがカッコいいというのはよくわかった。





ガンダムといえば仮面の男が一人いると言う印象でしたが、ORIGIN見てシャアの仮面の由来も知りました。




あぁ…まさに野望の男。悪の華。




抱いたものに対してあまりにまっすぐな人だという印象を受けました…。




セイラさんのことを考えると苦しい。




このあと逆襲のシャアを見る勇気が私にあるのだろうか。多少展開を聞いたことがあるので確かめたいようなもう少し今の余韻に浸りたいような。




見るとしたらORIGIN見てる途中でもいいかな。




(勇気はないとはいってもサンダーボルトよりは見る勇気はある、気がする)




個人的にはカイが気になる。





カイも違う方向に序盤は戦闘向き(現場向き?)じゃなかった気がするんですが話が進むにつれ彼もパイロットとしても人としても成長して「…いい奴じゃん…うん…いい男だよ…」みたいなことを思ってました。




斜に構えたような面から、もちろん変わらない部分を残しながらも少しずつ変化していく姿っていつか絶対辿り着かざるを得ない場所な気がします。




それをこういう姿で見れてたってリアルタイムで観てた少年少女は贅沢な大人への手引きを貰ってたんじゃないかなぁと思うところです……ってどこまでカイに見てるんだ私は。




人が関わることでそれぞれの成長や変化があることを思い知る世界でした。





ビックリするくらい甘えが見えていたアムロ、マジか…と思うくらい我を通す(という表現が適しているかはわかりませんが)カイ、他にも最初はその辺にいる子達がだんだん状況に応じて成長する姿が印象的でした。




ブライトさんとかシャアとか、大人たちもメインは『大人』と言い切っていいのかと思うような年齢層が多いような気もして、話の展開で散っていく人々も多くて…




それでもそれぞれに考えて生きていく、生きている以上生ききる、という強さを見た気がします。




ララァの登場がこんなタイミングなの!?(名前はよく聞くのでもっと早く出てくるもんなんだと思ってました)とかその名前まさか……とか本編とは直接関係無さそうな驚きもありましたが最終的にいいものはいい…という結論に。




なるほど、ブログが止まりがちな人に筆を執らせるくらいに人を突き動かす力がある模様です。




というのはさておき、観て良かったと思います。




残るものには理由がある。そんなことを思うひと時ともなりました。




結遠月鉱堂

中二心を忘れない『占う漫画描き』のブログです。 自作のイーチンタロットを使った占いや結果・願いに応じたストーンアクセサリー作り、イラストや漫画を主な活動としています。 こちらでは石をキャラクターにした漫画や占い、日々を描きながら読んでくださる方の心が少しだけ楽になればと言葉を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000