占いは気持ちを吐露する場所、かも


こんにちは、占う漫画描き霜月です。

鑑定に入るといつもたくさんの方にお話を聞かせていただいてありがたい限りです。

そんな中でいつも思うのは、言えない思いを抱えて来られている方のほんのひと時でも吐き出してスッキリしてほしいなぁということです。

勿論占いだから言葉もかけますし、それを参考資料の一つにしてもらえたらありがたいというのはあります。

でも占いってあくまで参考資料の一つでしかなくて。

その参考資料を採用するも不採用にするもご依頼くださった方次第。

吐き出してよし、やるか!という気持ちになったときに参考に動いていただくもすっきりしたからもういいや、と思っていただくのも私は素敵なことだと思います。

どこにも吐き出せずずっとモヤモヤしていらっしゃった方が、その思いがすっきりして行動を起こせるのですから。


私の占いが当たっているか外れているかは私にはわかりません。

ありがたいことに「当たった!」と言ってくださる方もいらっしゃいますが、それは依頼してくださった方が動けたから結果的に『当たった』のだと思っています。

引き寄せ、というものではありませんが、行動が結果をつかませてくれたのだろうなと。

そこに私が絡めたのだというのでしたら、それはありがたく光栄なこと。

ですが、私はただのカード読み。

話を聞いて、カードを読んで。

それを言葉にすることしかできません。

その人の代わりに動くということは出来ません。

だから、もやもやした気持ちを吐き出していただいて、聞かれた疑問をカードで答えて、またもやもやした気持ちを吐き出してもらう。

私に出来るのはそこまで。

結果が当たっているか外れているかを聞ける機会もそうそう多いわけではありません。


だって、スッキリしてそのまま去っていかれる方もいれば、合わなくて(外れて)そのままさようならという方もいるし、『当たったから次の相談』という方もいれば『当たりはずれは分からないけどとりあえず聞いて』という方もいらっしゃいますから。

占い師ではありますが、占い師への相談事がない方が、或いはライトにカジュアルに、『●●運見て!』といった感覚で来られる方がきっといいんだろうと思っています。

だけど、そうとばかりも言っていられないから占いに来られるわけで。

友人に相談したらいい、という話もありますが友人にするには重すぎる話や出来れば周りに盛り上がられたくない恋の相談なんかもあるわけで。

(言えない恋だけじゃなくて相談した後協力を申し出られたり、「で、その後どうなの?」と聞かれたくないタイプの方もいらっしゃいますからね)

そういうときに見ず知らず、しかも協力するための手出しも出来ない相手に聞いてもらうってやっぱり必要な場合があるんだろうなと思います。

その相手がたまたま私だった、結果がたまたま合致するところがあった、だからちょっと言われたことやってみようかな、そしたらイイ感じになった。

そんな積み重ねで依頼された方がつかみ取った幸せなんじゃないかなと考えています。


そんな幸せをつかみ取るために、まずは言葉にしてスッキリする場所が私だったら、そして素敵な結果に進むための原動力の欠片になれたら幸いなことだなと思います。

ジブン解封×未来覚醒プロジェクト

自心の主導権取り返すお手伝いをしている占い師×カラーセラピスト×漫画描き・霜月のブログです。 カラーセラピーや占いを使って、あらゆる理由により心の奥底に封印されてしまったご自身の心の主導権を取り戻し、望む未来を手にするお手伝いをしています。 また、石や占い要素、色などを擬人化したイラストや漫画を随時更新していきますので、今は心の主導権とかよく分からないや、という方もお楽しみいただけると幸いです。

0コメント

  • 1000 / 1000